国土交通省航空局 修理改造認定事業場 第117号

沿革

沿革

創  立

昭和33年4月

東京都大田区大森中1丁目に個人経営「角田電機工業」を創立。
日本航空、東亜国内航空(現JAL)、南西航空(現JTA)、運輸省(現 国土交通省)航空局等の航空機電装品の整備作業を受託開始。


昭和35年8月
 
「角田電機工業株式会社」と改組。


昭和51年8月

東京都都市計画街路事業に関連し、東京都大田区東糀谷1丁目10番地10号に本社工場を新築し移転。


昭和53年3月

千葉県香取郡多古町飯笹1054番に成田営業所を開設し、同年5月20日成田新東京国際空港開港と同時に航空機電装品、整備用施設設備等の受託業務を開始。


昭和54年6月

創立者代表取締役 角田 進から、角田今朝美が代表取締役に就任。

重要装備品

昭和59年5月

東亜国内航空(現JAL)より、航空法に定める重要装備品 A300 型機「Transmitter-Brake Pedal Position 」
(電気補機) の整備作業を受託開始。

平成5年1月

日本エアコミューター SAAB340 装備品の整備作業を受託開始

平成5年7月

日本エアシステム(現JAL)より、航空法に定める重要装備品 A300-600 型機「Transmitter-Brake Pedal Position 」 (電気補機) の整備作業を受託開始。


平成10年2月

日本エアシステム(現JAL)より、航空法に定める重要装備品 A300-600 型機「Transmitter-Engine Oil Quantity 」 (電気補機) の整備作業を受託開始。

 金属探知機

平成13年4月

ニチメンアビエーション(現 双日エアロスペース)より、各航空会社、警視庁、各県警、法務省、郵政省等が
所有する携帯型金属探知器の修理作業を受託。
                            

 修理改造認定事業場

平成13年9月

「修理改造認定事業場」取得 (認定番号: No 117)

業務の能力装備品の修理または改造の能力
業務範囲電気補機及び その他、国土交通大臣が告示で指定する装備品に係る業務
限   定1. 装備品の種類
  ・ 電機補機に係る業務 : 機力操縦用作動機、電気計器(受感部)
  ・ その他国土交通大臣が告示で指定する装備品に係る業務 : 蓄電池
2. 作業の区分  修理及び小改造



平成15年4月

代表取締役 角田今朝美退任、角田 和之が代表取締役に就任。


平成17年8月

スカイマークエアラインズ(現 スカイマーク(株))より、B767-300, B737-800 型機 「Battery」の整備作業を
受託開始。


平成23年10月

双日エアロスペースより門型金属探知機の保守業者として指定を受ける。

 IP監視カメラ

平成23年11月

IP監視カメラシステム「XProtect」の取扱を開始


現在に至る。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional